2006年08月23日

メールボックス、ゴミ箱化してません?

ども〜!ネットビジネス案内人☆りんさんの自称助手のりんりんです^^


もう、さすがにしつこいね!(笑)



ところで…
私、基本的にはテレビを土曜の夜9時からと、
日曜夜8時からの各2時間しか
見ません。



マイボス☆マイヒーロー(だったかな?)
と、功名が辻。。。だけは、毎週欠かさず見てるんですね〜♪




だから、どうした?と思われたですよね?(^ー^;A
突っ込みがわりにポチっとして頂けると嬉しいです♪




ブログランキング


こんなお願いでごめんなさい^^



タイトルにあるんですけど、
私、ここ3ヶ月ほどでメールボックスが賑わっています!

そこで…あなたのメールボックスは例えばこんな感じですか?
(多少の違いは許してね^^)




A      毎回読みたいメルマガ        

B      時間がある時には読みたいメルマガ  

C      友人からのメール







D      スパムメール            







……

………            

…余計分かりにくかったですかな?^^;




とにかくあなたのメールボックス、段々と購読メルマガが増えるにつれて
混乱してきません?

そして、1通ずつチェックしながら残したり削除したり、
とにかく結構大変な作業。



以下は、皆さんがよく使われると私が勝手に思い込んでる
ヤフーメールで私がやってる方法をご紹介^^



…といっても、”フィルターと受信通知”を
してるだけなので、もしご存知でしたらまた明日〜♪




まず。。。
あなたが区別したいメールを入れる専用フォルダをメールボックスの
中で作って下さい。
(画面の左上の方に”フォルダ”があるので、その横っちょから
追加出来ます♪)



例えば読みたいメルマガAの名前や、友人○○からのメール、など
あなたの好きな名前のフォルダにして下さいね^^




そしたら別窓で、も1個ヤフーメールの画面を出して
(この方が便利なんじゃないかな。。。)
右上の”メールオプション”から、


”フィルターと受信通知”をクリックしてみて下さいな。





後は
”追加”→あなたが自由に設定してね!

”メールをフォルダに移動”の所で
さっき作ったフォルダの名前を選択。

”携帯端末に受信通知を送信する”に好みでチェックを入れれば
(※これって、パケット定額じゃないと、かなり料金かかります(涙))



ひらめき勝手に大事なメールはどんどん作ったフォルダに振り分けられて
いくので、集中して読む事が出来てしまうんですね♪ひらめき


こりゃ楽だ。



私はパケットが定額なので、携帯にも通知をしてもらって
誰からどんなメールが来たかが、例えおトイレにいても(笑)
即座に分かります^^☆



ただし、1回設定すると、自分の作ったフォルダを
毎回チェックしないといけないから、
その点は要注意!
私が機能を使いこなせてないだけもしれないですけど^^;




受信箱のメールを時間がある時にチェックして…
というか、ほとんどいらないメールになってますけどね♪
ポイポイごみ箱へ〜〜〜さよ〜〜ならぁぁ^^

というわけで、本日はさよ〜〜ならぁぁわーい(嬉しい顔)




posted by りん at 17:29| Comment(3) | 疑問実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんさん こんばんは
情報起業の日本非代表です。

無料メルマガをたくさん購読すると、スゴイ量のメルマガが来ますね。

メールの整理はきちんとしなくてはと思いながら、ずさんな管理です(泣)

ちょっと、頑張ってみます。

応援クリック
Posted by 情報商材を評価して原稿料をゲットしよう★日本非代表 at 2006年08月23日 21:30
りんさん、こんばんは〜。

メールボックスは、すごいことになっています。

メルマガのフォルダーが何千件と。

ゴミ箱も。

いっきに捨てようかな。

応援ポチ♪
Posted by 美人講師のやさしいアフィリエイト はしもと at 2006年08月23日 22:50
りんさん、こんばんわ
司です。

俺のメールボックスもすごいことに

なってます。

メールボックスをもっと管理しないと

いけませんね!

応援ポチ!!
Posted by 90日で美人を口説く技術【司】 at 2006年08月23日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。